ローンの申し込みでやってはいけないコトと注意点

おまとめローンで絶対にやってはいけないことは、嘘を書かないということです。これは審査が通らないばかりでなく、その後の信用も失ってしまう原因にもなるので、申込みにあたっては正直な内容を書くようにしましょう。

ここでは、その他に審査で落とされる原因として多いものと注意点を紹介します。

①他社の利用件数を少なく申告してもすぐにバレます。
おまとめローンを利用する人は、ほとんどの場合、数社から借入をしているわけですが、他社の利用件数が多すぎると審査に通りにくくなるのではと心配して、少ない借入件数を申告する人がいますが、これは絶対にしないようにしましょう。
個人信用情報機関というものがあるので、他社での借入件数が調べればすぐに分かります。おまとめローンを申し込むのですから、他社の利用があっても当たり前なので、正直に申告するようにしましょう。
逆に、これだけあるけれどもすべておまとめローンで借り換えてきれいに整理したい、という熱意を融資担当者に使えるくらいがいいでしょう。

②年収を多めに申告すると後で困ることになります。
借入金額にもよりますが収入証明書や所得証明、源泉徴収票などの提出を求められるとすぐにバレます。消費者金融では年収の1/3までしか融資してくれませんが、おまとめローンを積極的に行っている銀行ローンならそのような規制はないので年収は正直に申告しましょう。

③必要以上のお金を借りようとすると審査に落ちる場合もあります。
どうせおまとめローンで借入するならと、必要以上のお金を借りようとする人も少なくありません。しかし、金額は少ない方が審査はずっと通りやすくなりますし、一定金額以下であれば所得証明書も必要ない場合もあり、比較的簡単な審査で済む場合もあります。
あくまでもおまとめローンの申し込みなので、他社の債務を1本化して借金を返済できる金額か、あるいは何社かの借金を1本化できる金額で申し込むようにしましょう。必要以上の金額を借りようとして審査に落とされないように注意しましょう。

④現在の勤務先を正直に書かないと確認電話でバレます。
信用度が高いからといって、すでに退職している以前の勤め先を書いたりする人がいますが、こういう審査では必ず勤務先に在籍確認の電話をするので嘘はすぐにバレてしまいます。このような虚偽申告は、バレた時点で審査を落とされてしまうので注意しましょう。
ただ、無職では審査を受けても通る可能性はないので、まず仕事を探して安定収入が得られるようになってから申し込むようにしましょう。


このページの先頭へ