おまとめローンを申し込む前にすべき7つのチェックポイント

おまとめローンというのは、はじめから他社で借入をしていることを前提にした融資です。ただし、おまとめローンで借りたお金で他社の債務をゼロにして、おまとめローンで1社にまとめることが目的であれば融資してもいいというものなので、他社の借金を返すという目的がなければ審査は通りません。

しかし、おまとめローンを受け付けていない銀行もあります。こういった銀行は、他社に借入がある場合の融資には消極的で、申し込んでも断わられる確率が高いのです。

そのため、おまとめローンを申し込むのであれば、正式におまとめローンを受け付けている銀行を見つけることが大切です。やみくもにローンを申込んでも審査で落ちてばかりでは、逆に申込みブラックになる可能性もあるので事前によく調べておきましましょう。

おまとめローンを受け付けている銀行が分かったら、ローンの申し込みをする準備をしていきます。

ます、審査にはスコアリング(査定)というものがあるのを知っておきましょう。
審査のスコアリングとは、ローンを組む人の社会的な属性によって「信用度」を査定することです。このスコアリングが高いか低いかで、その相手にお金を貸すか、貸さないか? また
貸すとしたらいくらがリミットか?といったことが決まるのです。

スコアリングの具体的なチェック項目は、
①職業
②家族構成
③持ち家か
④健康保険の種類
⑤銀行口座の種類
⑥クレジットカードの有無」
⑦他社での借り入れ件数と金額
の7つです。

ですから、おまとめローンを申し込むのであれば、この7項目のスコアリングを少しでもあげなければなりません。

職業や健康保険の種類、家族構成などはすぐに変えることはできませんが、ほかの項目についてはスコアリングを上げることも無理ではありません。

例えば借入件数であれば、借入残高が低いものをあらかじめ減らしておくことでスコアリングを上げることができます。また、賃貸よりも持ち家の方が信用度が高いので、実家が近くであれば実家に引っ越すのもいい方法です。クレジットカードを使っていなければ、キャンペーンなどのタイミングを利用して入会しておくというのもいいかもしれません。その他にも、公共料金の振り込みを口座指定にしておくだけも信用度がアップするのです。

おまとめローンの申し込みをする前に、審査の際のスコアリングを少しでも上げておくなど信用度をチェックしておくことも大切です。


このページの先頭へ